About

Keynotes
Keynotes

Perspectives on global outreach from PIOs and leading scientists
英語による科学広報やアウトリーチについて、広報担当者や科学者の視座に耳を傾ける

Workshops
Workshops

Hands-on sessions with experts in global press, social media and more
海外メディアやSNSの専門家と科学広報やアウトリーチのアクティビティを実践する

Networking
Networking

Discussion and community-building to give science communication in Japan a global reach
英語による科学広報やアウトリーチを行う仲間を作り、意見を交わす

Science communication and outreach, especially to global audiences in English, is taking off in Japan. Japan Scicom Forum brings together communicators, writers, scientists, journalists and select experts from abroad to inspire and boost the cohesion of scicom in Japan, learn new skills, network, and inform the community with best practices. Keynote talks and panel discussions in the morning will reflect on the unique challenges and opportunities of research communication within and beyond Japan. Afternoon breakout workshops will provide hands-on training to support communicators and scientists working in Japan as they engage in global outreach. Registration is free and the event will be in English.


 英語による科学広報やアウトリーチといった、科学を伝える活動は、今、日本で活気を帯びています。本イベントは、サイエンスコミュニケーター、サイエンスライター、研究者、ジャーナリストやこの分野の選りすぐりの海外の専門家が一堂に会する場を提供しようとする初めての試みです。海外に向けた研究成果の情報発信に携わる人をはじめ、科学広報やアウトリーチに興味や関心のあるすべての方が参加いただけるイベントです。

 午前中の基調講演とパネルディスカッションでは、科学や研究成果を題材とした広報や情報発信に特有の課題について、国内にとどまらず、海外の事例を含めて検討します。午後には、複数のグループに別れて、参加者が実際に手を動かして、国外向けの科学広報やアウトリーチの業務に活かせるような実践的なワークショップを行います。本イベントの使用言語は英語ですが、午前中は日英の同時通訳があります。

 ジャパン・サイコム・フォーラム2018で、英語による科学広報やアウトリーチのスキルを磨き、横のつながりを作り、互いのベストプラクティスを情報交換しませんか。

Keynote speakers

Schedule: April 20, 2018

9:00 Reception opens / 開場
9:25 Welcome remarks / 開会の挨拶
9:30 - 9:50 Keynote presentation (1) / 基調講演(1)- Mary Voytek (NASA)
9:50 - 10:50 Flash talks: hear from institutions around Japan / 国内の機関より5分間プレゼン
10:50 - 11:20 Coffee and interaction time / コーヒーブレイク
11:20 - 11:40 Keynote presentation (2) / 基調講演(2)- Juliana Chan (Asian Scientist Magazine)
11:40 - 12:00 Keynote presentation (3) / 基調講演(3)- Takao Someya (University of Tokyo)
12:00 - 12:30 Panel discussion and speaker Q&A / パネル討論と質疑応答
12:30 - 14:00 Lunch: explore local restaurants in the Ōokayama area / 昼食(各自)
14:00 - 15:30 Workshop / ワークショップ1 - a) pitching to the media / b) open science
15:30 - 16:00 Coffee and interaction time / コーヒーブレイク
16:00 - 17:30 Workshop / ワークショップ2 - c) press releases / d) social media
17:30 Wrap-up / まとめ
18:00 Reception / 懇親会

*午前中のセッションは日英の同時通訳あり

Full program (.pdf)

Access

  • Earth-Life Science Institute (ELSI)
  • 2-12-1-17E Ookayama, (Ishikawadai Bldg. 7/ELSI-1 Bldg.),
  • Meguro-ku, Tokyo
  • 東京工業大学 地球生命研究所
    東京都目黒区大岡山2ー12ー1ー17E 石川台7号館 (ELSIー1)
  • Extra directions / ELSIへのアクセス

Sponsors

  • ELSI

     

    • The Earth-Life Science Institute (ELSI) at the Tokyo Institute of Technology is proud to be a host and supporter of the Japan SciCom Forum 2018. As a World Premier International (WPI) research center funded by the Japanese government, fostering English-language science communication and outreach in Japan is key to our mission of scientific leadership, globalization, and innovation within the research community. When news of the research carried out in Japan can effectively reach a global audience, the whole national science community will benefit.

    • 東京工業大学地球生命研究所(ELSI)は、ジャパン・サイコム・フォーラム2018を主催しています。当研究所は、文部科学省事業、世界トップレベル研究拠点プログラム(WPI) の研究拠点として、日本における英語による科学コミュニケーションとアウトリーチを育むことは、科学研究におけるリーダーシップ、グローバリゼーション、研究コミュニティにおけるイノベーションという私たちのミッションを達成する上で重要であると考えております。日本で行われた研究のニュースが世界中の人々に知れ渡ることは、日本の科学コミュニティ全体にとって有益となることでしょう。

With additional support from

Organizers

Ayumi Koso, NIHU · @iyoumek
Amanda Alvarez, RIKEN · @neuroamanda
Elizabeth Tasker, JAXA · @girlandkat
Motoko Kakubayashi, University of Tokyo · @motokokaku